現地で言語をサポート | 会議などのテープ起こしを格安で行なうコツ

会議などのテープ起こしを格安で行なうコツ

外国語

現地で言語をサポート

ステーショナリー

近年は国際化と情報化が進み海外に進出する個人や企業が増えてきました。その中でも中国での経済活動に力を入れている企業は多いでしょう。海外で活動を行なう際に最も気になるのが、言葉の壁でしょう。コミュニケーションが円滑に取れなければ、生産性を高めることも戦略を伝えることも難しくなるからです。照射や個人で中国を視察したいときも言葉が分からなければ、情報を正しく集められないどころか現地で危険な目に遭うリスクも高まります。そこで心強い味方になってくれるのが、香港に行く際にお供してもらう通訳です。香港で用いられている言語や文字は広東語の繁体字と英語です。英語が話せればホテルや商社のやり取りは比較的安心と言えますが、中国の文化を知り相手と更に打ち解けるためにはやはり広東語などの言葉を話せる通訳が居なければ難しいでしょう。香港へ通訳を派遣している会社では、ネイティブスピーカーを起用しています。そのため細かいニュアンスや現地のことも詳しいので、伝えたいことや知りたいことをより正確に聞き取って通訳してもらえます。広東語の他に北京語と英語を話せる人もいるので、活動するエリアでどの言語が有利なのかを調べて利用すると安心です。中国は国土が広いため、地域によって方言もかなりの数に上ります。そのためなるべく方言にも強く現地のことに詳しい人を選ぶと良いでしょう。香港へ通訳の派遣を行なっている会社を探すにはインターネットサイトを利用すると良いでしょう。インターネットでは通訳サービスを行なっている実績のある会社が紹介されているので、見つけやすくなっています。