契約時に活躍 | 会議などのテープ起こしを格安で行なうコツ

会議などのテープ起こしを格安で行なうコツ

外国語

契約時に活躍

英語

中国でビジネスを行う際には3つの言語が必要と言われています。それが広東語と北京語、そして英語です。この3つがなければ良いビジネス相手として見られないため、香港の年配経営者や華僑と呼ばれる資産家達との結びつきを強めるためには必須な言語とも言えます。英語に比べて中国語は発音が難しく、加えて成長と呼ばれる音の抑揚で意味も変わってくるため習得には時間が掛かります。ビジネスでは基礎のスキルも必要ですが、その時の時代の流れやニーズで急遽対応しなければビッグチャンスを逃すこともあります。中国で契約を取り交わす際は、正確に情報を読み取り、適切な言葉を用いないと大きな損失を招く恐れもあります。そんなときに頼りになるのが多言語翻訳の依頼です。中国ビジネスに必要な3つの言葉を理解し使える人材を揃えている多言語翻訳の会社では、契約書などの多言語翻訳サービスを行なっています。ミスの許されない大きな取引の際にこうしたサービスを利用すると安心です。翻訳を行う人材は中国の一流大学を卒業し日本語にも精通しているため、細かいニュアンスや気を付けないといけない表現についてもよく知っています。多言語翻訳を依頼する際は、予算重視なのかクオリティーを高めるために日本人スタッフも加えるかなどの具体的な要望を伝えると、より希望通りに行なってくれるでしょう。多言語翻訳を行なっている会社は、現在まだあまり多くはないので探す際は情報サイトなどを参考にすると良いでしょう。