会議などのテープ起こしを格安で行なうコツ

男女

現地で言語をサポート

ステーショナリー

香港へ行く際に現地のことや言語にあまり詳しくない場合は、通訳の派遣サービスを行なっている会社を利用すると良いでしょう。中国には広東語や北京語があるので、行く地域の言語がどれになるのか確認して選びましょう。

Read More...

契約時に活躍

英語

多言語翻訳は契約を取り交わす際など重要なシーンで必要になります。正確な情報を元に契約内容を管理したいという人は、専門の会社に多言語翻訳サービスを依頼した方が安心でしょう。

Read More...

大切なデータを文字に変換

英語

大事な会話の内容を一語一句聞き漏らさずに記録として残したいというときに用いられるのがテープですが、ここで記録された音声を文字に変えることで一目で内容を確認することができるでしょう。この音声データを文字に直すという作業がテープ起こしになります。テープ起こしを専門に行なっている業者がいるので、そうしたところを利用すると効率よく行なえるでしょう。テープ起こしをする人をテープライター又はボイスリライター、反訳者などと呼びます。テープライターになるためには特別な資格は必要ないため、人が話した言葉を正確に聞き取れる人や豊富な語彙力、タイピングの速さと正確さを持っている人のいる業者が安心です。実績のあるところには、テープ起こしを得意とする優秀な人が多いので情報サイトなどで評判の良い業者を見つけて依頼しましょう。テープ起こしを格安で行なっている業者もあります。予算以内で行ないたいという人には頼りになるでしょう。テープ起こしは会話を文字に変える作業のため、音声データが長ければ長いほど料金も高くなります。この相場は、1分200円前後になっています。しかし業者によっては、音声データの長さに上限を設けているところもあり、オプションとして料金が高くなることもあるため注意が必要です。音声データの長さではなく、起こした文字数で料金を決めるところもあります。この場合1文字1円前後が相場になっています。格安に抑えるためには納期を長めに設定することです。これだけで3分の2程に抑えられます。元々テープ起こしは料金が安く設定されているので、大きな割引をしているところはあまり見られません。確実に安くするコツを業者に直接確認して少しでも安くしてもらうことで、頻繁に利用する人だと結果としてかなり格安になるでしょう。

最後に品質チェック

イングリッシュ

翻訳代行は大事なメッセージをそれぞれの言語の文章にしてくれるサービスです。上手に活用すると業務がはかどり、海外での思わぬチャンスも効果的にゲットすることができるでしょう。

Read More...